印鑑登録証明書について

  • RSS

印鑑証明は、不動産関係や車の購入などで使用する時に必要となるため印鑑登録をした方も多いと思います。 この印鑑証明の正式名称は「印鑑登録証明書」といいます。

 先程もお話ししましたが、印鑑証明は不動産・マンション購入、自動車の売買、公正証書を作成したりするときに必要となり、とても重要で大切な証明書です。
 印鑑証明書とは、登録した印鑑が地方公共団体に登録されているものであることを証明するためのものです。
 では、なぜ重要であるのかといいますと、自分の実印や印鑑証明は公共団体により「本人が登録した印鑑」である、ということが証明されるためです。
つまり、信頼できる第三者が「この印鑑は本人の印鑑に間違いない」と、登録した印鑑の正当性を証明しているのです。
そして印鑑証明書を発行してもらうには、
まず「印鑑登録」をしなければいけません。

 しかし印鑑登録は、どんな印鑑でも登録できるわけではありません。
印鑑登録をした方ならわかっている方も多いと思いますが、本人の氏名を全く表していない印影は登録できません。

 もちろん、芸名や通称、ペンネームなども登録することは出来ません。
登録する印鑑には、氏名、姓または名のいずれかを必ず入れなければいけません。
実印は、何度も作るわけではありません。

 一生、その印鑑を使用することがほとんどです。
印鑑はフルネームで作成するのが一般的です。
なぜならば、日本には同じ性、または同じ名前の人がたくさんいるからです。
 しかし、女性の場合は結婚すると姓が変わる人が多いため、名前だけの実印を作る人も多数いらっしゃいます。
 これから印鑑登録をしようと思っている方は、このようなことを踏まえて実印を作成しましょう。

このページの先頭へ