実印などの利用方法について

  • RSS

現在私たちが住んでいる日本では、印鑑は生活の一部になっています。 その中で一番重要で大切な印鑑は「実印」です。

実印とは、印鑑登録をしたはんこのことをいいます。
この実印は、不動産関係の書類や自動車を購入する時など、大切な契約書に必要となってきます。
この実印は、自分自身が市区町村役場に注文して作った印鑑を持っていき登録します。
その登録した印鑑は本人であるという証拠となります。
ですから自分の「分身」といっても過言ではないでしょう。
このようなことから「実印」はとても重要で、意味を持つ印鑑なのです。
また、印鑑登録をすると、印鑑証明書を発行することが出来ます。
この印鑑証明書は、お金を借りるとき、マイホームを建てるときなどに必要となります。
このような重要な書類に押印、または印鑑証明書が必要となったため実印を印鑑登録する、という人が多いのではないでしょうか。
では「実印」の他にはどのような印鑑があるのでしょうか。
まずは「銀行印」です。
この印鑑もとても大切な印鑑です。
銀行印は、銀行に登録する印鑑で、新しく口座を作る際や貯金の預入や引出し、小切手・手形の発行などといった銀行取引の際に使用する印鑑です。
会社などで、まれに銀行印と代表印を同じものにするところもありますが、どちらも重要な印鑑ですので、別々の印鑑で登録しましょう。
次は先程でてきた「代表印」です。
これは、会社の実印といえます。
代表印は法務局へ登録し、法務局が印鑑証明書を発行します。
また会社で使用する印鑑に「社印」というものあります。
これは、正方形で会社名が入っている印鑑です。
見積書や請求書、領収書などに使用します。
次は「認印」です。
これは、私たちが生活する上で一番身近なものではないでしょうか。
認印は市区町村役場や法務局に届け出が必要のない印鑑で、宅配便の受領確認のために押印、会社で出勤簿に押印するなど、日常の様々な場面で使用します。
このように印鑑にはたくさんの種類がありますので、実印を認印として使用したりしないよう、十分に注意しましょう。

法人の意思表示の印鑑
http://www.amg-us.com/
印鑑素材の種類
http://www.chatlaklak.com/

このページの先頭へ